【2018年度カタログが完成いたしました】

【2018年度カタログ】

2018年度製品総合カタログの表紙デザインは東京大学生産技術研究所 革新的シミュレーション研究センター梅野研究室 久保 淳 特任助教のご厚意にて製作いただきました。


~コメントをいただきました~

「引張変形を受けるプラスチック材料の粗視化分子動力学解析」

プラスチックをはじめとする高分子材料の強度特性は、分子レベルでの構造に強く影響を受けます。本研究では大規模分子シミュレーションにより、分子レベルでの変形・破壊プロセスを調べたもので、表紙デザインは、引張変形を加えたプラスチック材料の分子構造を、分子一本ごとに色分けをして表したものです。

構造材料の高強度化を実現するためには原子・分子レベルでの物性理解が必要となります。プラスチックのような高分子材料では分子同士が複雑に絡み合った構造をもつため、解析のためには長時間の大規模並列計算が欠かせません。

本研究室では、このような分子スケール構造のシミュレーションを行う際に、リアルコンピューティング社のServer CalmⅢ 2000を使用しています。

水冷システム搭載のため、静音性・安定性に優れており、非常に重宝しております。

今後も引き続き高水準の製品・サービスを御提供いただけるよう期待しております。


営業:T

コメントは受け付けていません。